レンタルサーバー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

スペインCMの「実写版ドラえもん」が全く似てないが、異常に可愛いでござる

海外のあるCMが大きな注目を集めている。そのCMとは、日本の大人気キャラクター「ドラえもん」の実写版が登場するスペインのCMである! 実写版ドラえもん!? なっ、ナニーー!

それでは、どうやってあのドラえもんを実写化させたのだろうか? なんと意外や意外、本物のニャンコを使ってドラえもんを実写化させちゃったのである!

なるほどドラえもんはネコ型ロボットだから、ニャンコで実写化……なるほど、なるほど。それでは仕上がりのほうは、どうなっているのだろうかとそのCMを見てみたところ、これが……超絶カワイイのである!

原作のドラえもんとはあまり似ていないが、カワイイから許す! そんなふうについつい認めたくなるほど、この実写版ドラえもんは反則級に可愛らしいのだ! ということで、ぜひみなさんもこのCMをご覧になって、スーパーキュートなドラえもんに心癒されてみてはいかがだろうか?

http://ck.mailmag.livedoor.com/ck/2013001647b1eb79364641d743/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。
スポンサーサイト

近未来的な「新ロンドン空港」のデザインが決定【画像あり】

昨年話題になった、新国立競技場のコンペで最優秀賞を獲得したザハ・ハディッドさんが、今度は新しいロンドン空港の設計をロンドン市長によって任命されました。

http://ck.mailmag.livedoor.com/ck/20130016f6038f8e651e184287/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

ミス・ユニバース松尾幸実さん 快挙の陰に「いじめ体験」

「ものすごい勢いで、色んなことが変わっています。先日も東京から京都に新幹線で帰る際、乗って3分も経たないうちに10人ほどの外国の方に囲まれて『ユキミ・マツオですよね?』と言われました。改めてミス・ユニバースの影響力に驚きましたね」

そう語るのは2013年ミス・ユニバース日本代表に選ばれた松尾幸実さん(25)だ。モデルだけでなく漫画家もこなす異色の肩書を持つ松尾さん。さらに“日本一の美女”でありながら25年間彼氏がいないという彼女のキャラが話題を呼んでいる。

「原因は、私が鈍感だからだと思います。いつも突然男性から『前、僕は君にフラれたから』と言われたりすることがあって……。私はフッたどころか『デートに誘われたこともないんですけど』と返すと『さりげなく誘ったりしたんだけどな』って。いつもお誘いをうまくキャッチできなかったんですよね」

小学5年生のときから自分を表現するために漫画やイラストを描いてきた松尾さん。漫画『NANA』の作者・矢沢あいが描くようなファッション・ビューティのキャラクターに憧れていたという。そのいっぽうで「漫画だけを描いて内向的にならないように」とモデル界に入ることを決意。始めたのは、彼女が大学に入ってからだった。

「まだモデルを始める前でしたが、高校生のときに反抗期がありました。当時学校でいじめとかもあって、グサッと突き刺さるひどい言葉を言われて、ちょっと荒れていたんですよね。そんなとき、家のゴミ箱を蹴っ飛ばしちゃったことがあって……。そのとき母に『物に八つ当たりするものじゃありません!』と引っぱたかれて鼻血が出たんです。母に叩かれたのは、これが最初で最後。申し訳ないことをしたなと反省しました」

母の訓えを胸に、ミス・ユニバース日本代表となった松尾さん。大会後、彼女は改めて感謝を伝えたという。

「『優勝したよ。あなたの娘で良かったです。お母さんには厳しいことを言われたこともあったけど、これまでのすべてに感謝しています』と伝えました。母は胸がいっぱいになったみたいで口数は少なかったですが『私にとっても自慢の娘です』と言ってくれました。でも、すぐいつもの母に戻って『優勝したからってテングになってはダメ!世界大会では日本人の代表として責任感をもって臨みなさい』と早速厳しい言葉をもらいました(笑)」


http://news.livedoor.com/article/detail/7504884/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。
2013/03/16(土)
トラバ(0) コメント(0)

コンピュータの発達でなくなる仕事、残る仕事

かつて産業革命が起こった頃、それまでは物品の輸送を担う貴重な“労働力”だった馬の大半が“職”を失ってしまった。それと同じことが21世紀の今起こりつつあるのかもしれない。しかも、今度お払い箱となるのは我々人間だ。
 『機械との競争』(エリク・ブリニョルフソン、アンドリュー・マカフィー/著、村井章子/訳、日経BP社/刊)は、アメリカ経済がリーマンショック以降の景気停滞から立ち直りつつあるにも関わらず失業率が下がらないことの原因を、テクノロジーの発達に人間(労働者)が追いついていけないことだとして、絶え間ない技術発展が雇用を破壊していることを指摘している。つまり、機械が人の代わりをできる、あるいは機械の方が人よりいいパフォーマンスができる仕事が増え、労働者が入り込む余地がなくなりはじめているというのだ。
 では、今後どんな仕事が機械化され、なくなっていくのだろうか。

■トラック・タクシー運転手は不要になる?
 従来、コンピュータは「既存のルールに従う仕事」は得意な反面、決まったルールの存在せず、状況から推測する要素の大きい仕事は苦手とされてきたが、ここ数年でその苦手分野の一部が改良されてきている。
 例えば市街地での車の運転。
 トラックの運転手は周囲の環境から視覚、聴覚、触覚に訴える様々な情報を受け取って処理しながら運転している。これを機械化するためには、ビデオカメラやセンサーを使って膨大な情報を収集し、プログラミングしなければならないわけだが、実際の車道は、右折一つ取っても関与する要素があまりに多く、運転手の行動を再現できるルールを定めることはできなかったのだ。
 しかし2010年、グーグルが公式ブログを通して、トヨタ・プリウスを改造した完全自動運転者でアメリカの道路を1600km走破したと発表した。混雑した道路での自動運転という極めて困難なタスクが、コンピュータによって可能になりつつあるのである。

■複雑なコミュニケーションが機械にとって代わられる日
 人間同士の複雑なコミュニケーションも、長らくコンピュータには真似ができないものだとされてきた。
 その最たるものが異なる言語間の翻訳だ。インターネットの翻訳サービスが始まって久しいが、その質はまだまだという認識を持っている人も多いだろう。
 文法や語彙は極めて複雑で、時にあいまいなためコンピュータでは細かなニュアンスまで他の言語に移し替えることができなかったのだ。
 オンライン翻訳サービス会社のライオンブリッジがIBMと共同開発した機械翻訳ソフト「GeoFluent」(ジオフルーエント)は、そんなコンピュータ翻訳の課題をかなりの水準でクリアしている。
 会話や質疑応答に威力を発揮し、少なくともビジネス目的の翻訳・通訳では十分に役割を果たせることが実証された。さらに改良が加えられたら、もしかしたら将来的には翻訳家という職業がなくなってしまう可能性もないとはいいきれないのだ。

■人間がまだ勝っている部分
 では、まだ人間がコンピュータに勝っている部分はあるのだろうか。
 本書によると、意外なことに肉体労働の分野にそれが多く残されているという。
 人型ロボットの運動機能はまだ拙いため、庭師やウェイターといった仕事がすぐに機械化される心配はない。また、配管工や看護師も一日中、小さな問題解決や予想外の出来事、複雑なコミュニケーションを繰り返しており、これも機械が取って代わるまでには多くの時間を要するだろう。
 あるいは、人を感動させる音楽を作ったり、小説を書いたりという創造的な仕事もまだ人間にしかできないと言っていい。これらの職業についている人は、当面は自分の仕事が機械化されて奪われる心配はないだろう。

 本書には、コンピュータによってどのようなことが機械化され、どんな職業が衰退していくのか。その局面において私たち人間はどうすればいいのかがつづられている。
 コンピュータの発達は足取りを止めず、次々と対処可能な動作や技能を増やしていくのは間違いない。
 その時に私たちの雇用がどうなるかは誰にもわからない。
(新刊JP編集部)


http://news.livedoor.com/article/detail/7493232/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

ひ、ひぇ~っ!! なんでそんなとこで寝てんの!? とんでもないトコロで熟睡してる人たち

人間、栄養ドリンクを飲もうが気合いを入れようが、眠気には勝てませんよね。仕事や受験勉強があるというのに、睡魔に勝てず気づいたら寝ちゃってた……なんて経験、皆さんにもあるのでは。
それでも、ベッドに入って朝を迎えられればまだマシ! 海外サイト「BuzzFeed」で見つけたのは、とんでもない場所や体勢でスヤスヤと寝てしまっている方々の画像たち♪
たとえばそのいくつかを例に出すと……
■便器に覆いかぶさる女の子
小さな子どもって、どこででも寝られるんですよね。体が柔らかいからなおさら。トイレの便器に頭と腕を投げ出して寝ている女の子など、まさにその典型。あどけない寝顔と場所とのギャップに笑ってしまいます。
■子どもに顔面を踏みつけられるパパ
いかにもヤンチャ盛りといった男の子が、寝ているパパの顔の上に思いっきり乗っています。それでも起きないパパ。……死んでませんよね!? 仕事と育児で疲れ果てているパパの日常がちょっとうかがえる一枚です。
■ゴハン中に寝てしまったニャンコ
腹へったー! でも眠いー! でも食べたいー! と食欲と睡眠欲がせめぎ合うなか、ついに睡眠欲が勝ったのでしょう。ペットフードが入った皿にうつぶせになってぐっすりと眠っています。
などなど、写真はどれも笑いが込みあげてくるものばかり。
これから季節は春。「春眠暁を覚えず」という言葉のとおり、ついつい眠気を誘われる陽気が増えてきます。どうぞ皆さんは、「気づいたらとんでもないところで寝ちゃってたー!」なんてことのないようにご注意あれ!

http://news.livedoor.com/article/detail/7486445/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。
2013/03/14(木)
トラバ(0) コメント(0)

| ホーム | 次ページ
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

b1
xva ニュース サイト
xvb無料SEO対策ツール
xvcショッピングモール