レンタルサーバー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

高級寿司店での振る舞いでしないほうが良いことは?【今さら聞けない社会人のマナー】

今さら聞けない社会人のマナーをクイズ方式でお届けします。覚えておけば役に立つことウケアイですよ。

Q:高級寿司店のカウンターで食事をすることになりました。しないほうが良い振る舞いは、次のうちどれでしょうか?

A:にぎりの前に白身の刺身などつまみをオーダーする
B:出されたものをすぐ食べる
C:ガリ(しょうが)、アガリ(お茶)など、一目置いてもらえるように通な言葉を使う

(答えは矢印の下です!)



















解答:
C:ガリ(しょうが)、アガリ(お茶)など、一目置いてもらえるように通な言葉を使う

解説:
業界用語を客側の人が使うのは周りからも寿司店からも敬遠されがちなので、つつしみましょう


http://news.infoseek.co.jp/article/18mycom20121218p94
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

スポンサーサイト
2012/12/19(水)
トラバ(0) コメント(0)

内食も「おひとりさま」 総菜の素が続々と発売

 今春、1人暮らしを始めた「自炊1年生」も多いだろう。それに合わせるように、食品メーカーから1人分の総菜のもとが続々と発売され、自炊派向けの料理誌も登場。長引く景気の低迷で内食(うちしょく)傾向が高まる中、「作るのも食べるのも自分」の料理に注目が集まっている。(榊聡美)

 ◆個食に対応

 これまで3〜4人分が主流だった総菜のもとに異変が起きている。

 キッコーマン食品(東京都港区)は、1人分の総菜のもと「うちのごはん できたてマイデリ」シリーズ(4種、希望小売価格210円)を発売。箱型の紙容器に入っているのが特徴で、「豆腐の海老(えび)あんかけ」は豆腐を、「きのこの茶碗(ちゃわん)蒸し」は卵を、というように食材1品を加え、電子レンジで調理する。出来上がったら、そのまま食卓へ。

 商品化の背景には、仕事を持つ独身女性の実態があるという。

 「調査をしてみると、平日の夕食に『温かくておいしい料理を短時間で作りたい』というニーズがある。一方で、『台所が狭く、品数を多く作るのは難しい』『後片付けをしたくない』などの問題があることが分かりました」(キッコーマンコーポレートコミュニケーション部)

 単身女性の「ひとり鍋」実施率が高いことに着目したのは、ミツカン(愛知県半田市)。野菜を多めにしたり、小鍋でスープ感覚で食べたりするなど、家族で囲む鍋とは異なる特徴を踏まえ、1〜2人用のスープのもと「旬の野菜で スープ鍋」(2種、同247円)を発売した。マルコメ(長野市)も「1人前から野菜が美味(おい)しい」シリーズをはじめ、1人分に対応したみそ調味料3シリーズ計10種(同118円)を先月、発売した。

 ◆「抜けワザ」満載

 20〜30代の自炊派男女向けの料理誌『月刊 食べようび』(オレンジページ、650円)が6月、創刊される。これまで5号がムックで刊行されたが好評を得て、月刊化。独身女性を中心に読者の心をつかんだのはそのハードルの低さだ。

 最初に、計量器がなくても料理が始められるよう、手や指、ペットボトルなどを使った「だいたい」の量のはかり方を指南。「写真図解式」と称した1人分のレシピは、文字数を抑えて簡略化し、視覚的に。1品は3〜4つの手順で完成する。手早く、簡単に作れる料理ばかりだ。

 花村哲編集長は「まず、『これなら作れるかもしれない』と思ってもらうのが入り口。おいしさだけは死守し、素材、調味料、過程は、とにかく引き算を重ねました」。

 「抜けワザ」も満載だ。例えば、野菜をまな板の上で回しながら切る乱切りは、野菜ではなく包丁に角度をつけて切る「ジグザグ切り」でよしとする。正統ではないが、自分が食べるんだから−。そんなゆるさが共感を呼ぶ。

 「夜9時からの麺」「自分で作るデスクおやつ」など、リアルな生活実態のワンシーンから切り取ったテーマも既存の料理誌とは一線を画す。

 「自炊のきっかけは経済的な理由かもしれませんが、そこに喜びや楽しみをちゃんと見いだしている。男女関係なく、新しいスタンダードになりつつある」と、花村編集長は話す。

 平成22年の国勢調査では、単独(1人暮らし)世帯が夫婦と子供から成る世帯を上回り、最も多い家族形態となった。料理は自分のために作るのが主流になると、食のトレンドにどんな変化をもたらすか−。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120429-00000538-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



2012/04/30(月)
トラバ(0) コメント(0)

<一人暮らし>新入生へ簡単レシピ伝授

 ◇3食しっかり、バランス良く

 新入学シーズンを迎え、大学などのキャンパスには新生活に夢を膨らませる新入生の姿が目立つ。中には親元を初めて離れ、一人暮らしを始める学生も多い。管理栄養士で栄養学が専門の天使大(札幌市)の山部秀子教授に一人暮らしの食生活の注意点と、安くて手軽な料理のレシピを紹介してもらった。【千々部一好】

 □■目覚める朝食

 食生活の第一は3食しっかり食べる努力をすること。「体がだるい」「疲れる」「眠い」と訴える学生は多いが、その原因が乱れた食生活にあることが多いという。中でも山部さんが大事だと言うのは朝食。「体を目覚めさせるには脳を働かせること。そのためにはご飯やパンなど糖質の食べ物を起床から1時間以内にとってほしい」という。

 さらに栄養のバランスに注意して、野菜や肉・魚などもしっかり取りたい。鍋とフライパンがあれば、簡単な調理はできる。自分で作った方が栄養バランスが良く、食費も抑えられる。「面倒くさがらずに挑戦してほしい」と話す。

 □■塩分に要注意

 学生の手軽な食事といえばカップ麺。これには意外な落とし穴がある。1日の塩分摂取量は10グラム以内が理想とされるが、カップ麺を汁まで飲むと、半分ぐらいは摂取してしまう。それでもインスタントと言うなら、袋麺の方がまだまし。自分で野菜や肉を入れて食べることができる。

 手っ取り早く、良い食事を取るなら、学食の定食だ。栄養士が工夫した献立が用意され、主菜、副食、ご飯とバランスがとれる。

 厚生労働省の国民健康・栄養調査によると、20代の男性の4人に1人は「朝食抜き」という。忙しい社会人らが学生時代からの延長で「朝食抜き」になっているとの指摘もある。山部さんは「学生の時から、きちんと朝食をとる食習慣を身に着けて、社会で活躍してほしい」と呼びかける。

………………………………………………………………………………………………………

 ◆ロコモコ

 <材料>

▽市販のレトルトハンバーグ 1個

▽レタスかキャベツ     2、3枚

▽卵            1個

▽ご飯

▽調味料(マヨネーズ、しょうゆ、サラダ油)

 <作り方>(1)野菜を千切り(2)ハンバーグを温める(3)黄身が半熟の目玉焼きを作る(4)どんぶりにご飯を入れ、千切り野菜、ハンバーグ、目玉焼きをのせる(5)調味料を上からかける(6)黄身を崩し、豪快にかき混ぜて食べる(材料費137円)

 ◆サンマのかば焼き丼

 <材料>

▽サンマのかば焼き缶詰 半分

▽タマネギ       4分の1個

▽卵          1個

▽ご飯

▽調味料(しょうゆ)

 <作り方>(1)タマネギを薄くスライス(2)フライパンにタマネギ、少量の水としょうゆを入れ弱火で2、3分煮る(3)サンマのかば焼きを汁ごと加える(4)弱火で2分煮て、溶き卵を加え、ふたをして2、3分煮る(5)ご飯を丼によそい、出来上がった具をのせる(材料費107円)

 ◆コマツナとちくわの煮浸し

 <材料>

▽コマツナ 1株

▽ちくわ  1本

▽調味料(めんつゆ大さじ1杯)

 <作り方>(1)コマツナを4センチの長さに切る。ちくわは斜めに薄切り(2)めんつゆに水100CCに加え、コマツナとちくわを入れて煮る(材料費70円)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120407-00000001-maiall-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



2012/04/07(土)
トラバ(0) コメント(0)

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

b1
xva ニュース サイト
xvb無料SEO対策ツール
xvcショッピングモール