レンタルサーバー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

ランドセル選び 子供と一緒に店頭に足運んで

 来春、小学校に入学する子供のランドセルを選ぶ季節になった。全国の百貨店やスーパーでは特設ランドセル売り場が設置されているが、デザインや機能が多過ぎて、どれを選んでいいか分からない。「玉川タカシマヤ」(東京都世田谷区)ランドセル売り場マネジャーの浜川慎也さん(45)に選び方のポイントを聞いた。(清水麻子)

 ◆よく話を聞く

 「玉川タカシマヤ」は8月中旬、本館5階にランドセル売り場を設置。オリジナルランドセルを中心に約140〜150種を販売している。

 浜川さんによると、ランドセルのデザインは毎年少しずつ変化。数年前までは女子の人気色は水色だったが、今年はより大人っぽいパープル(紫)やセピア(茶)が人気を集めているという。

 機能に関しては、各メーカーがA4サイズの教科書が多く入るよう容量を大きくする傾向にある。一方で、肩ひもなどで軽さを感じる独自の工夫を施しているという。

 浜川さんが勧める、選ぶ際のポイントの一つは耐久性だ。最近では軽いタイプが人気だが、軽過ぎても強度に不安がある場合もあるという。軽さと強度との兼ね合いを確認するには、インターネットではなく、店頭や各メーカーの販売会などに直接出向き、店員によく話を聞きながら選ぶことが大切だ。

 ◆小学生の自覚

 判断材料の一つは値段。浜川さんは「高価なものは耐久性に優れたタイプが多い。ただ、高学年になればリュックや手提げなどで通う場合もあるので、あえて高価なものを買わないという選択もある。家庭で判断してほしい」と話す。

 二つ目のポイントは、子供が気に入るかどうかだ。

 「ランドセル売り場は、幼稚園や保育園に通う子供が『初めて小学生になる』という自覚を促す場所。子供と一緒に何度も出向き、本人が気に入る色やデザイン、機能のものを親子で話し合いながら選んでほしい。毎日使うランドセルがお気に入りのものだと、小学校生活が楽しめる」とアドバイスする。

 親子でさまざまなランドセル売り場に足を運び、子供にとって最高の一品を選びたい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121008-00000529-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

b1
xva ニュース サイト
xvb無料SEO対策ツール
xvcショッピングモール