レンタルサーバー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

上司への相談 「どうすればいいですか?」がNGな理由

著述家で編集者の石黒謙吾氏による新著『7つの動詞で自分を動かす』(実業之日本社)が注目されている。「愚直に動くこと それは誰だってできる簡単な問題解決法」と謳う同書では、「ぶつける」「分ける」「開ける」「転ぶ」「結ぶ」「離す」「笑う」という7つの動詞を提示。それらを入り口に、「<名詞で受動的に考える>から、<動詞で能動的に考える>」ことの重要性が解説されている。

 著者の石黒氏に「サラリーマンの日常を“7つの動詞”で見直すと……?」というテーマで聞くインタビューの3回目となる今回は「開ける」。タフな仕事人として名高い石黒氏の熱いメッセージを見逃すな!

◆その3「開ける」

――サラリーマンの日常で「開ける」行為というと、たとえば?

石黒:新規の顧客に飛び込み営業をかけたり、まったく新しいプロジェクトを提案したり、これまで連携したことがない部署や同僚に協力や相談をお願いしたり……なんて営みは、まさに「開ける」ではないでしょうか。

 仕事以外でわかりやすいところだと、これから関係を深めていきたい異性とのやり取り。いろいろな理由や方法を検討して、どうすれば仲良くなれるかを考えますよね。要するに、相手との関係構築には「開ける」というマインドが非常に重要なんです。

――もう少し詳しく教えてください。

石黒:「開ける」ことの真髄は、ひと言でいうなら「待たない」こと。受動の姿勢は御法度です。自動ドアは楽だけど、それじゃそもそも“生きていく”という、山あり谷ありの冒険的プロセスを楽しめない。重たい手動ドアを意識的に選んで、自分から手を動かして開けることを選んだほうがワクワクするでしょ。異性と親しくなりたいなら、自分で動く……つまりは「開ける」姿勢がないと、何も進展しないじゃないですか。仕事においても同じです。

 僕たち編集者の仕事でいうと、ライターさんや取材相手とかに「何か面白い企画があったら持ってきてください」なんてことばかり言っているようなヤツは絶対に伸びない。営業マンでも、取引先に「いい話があったら教えてください」と二言目にはクチにするような人っていますよね。これ、完全に「待ち」じゃないですか。何で自分から動かないのか、提案しないのか。能動的に動かないとなかなか活路は開けないし、そもそも楽しくないじゃないですか。タナボタを期待するようになったら終わりですよ。ていうか、タナボタは自分で引き寄せるもの。お菓子が入ってそうな棚を見つけて、自分で手を動かして開けることを厭わない人間のところに、タナからボタ餅が落ちてくるんです。

――ということは「何かお手伝いすることはありますか?」程度じゃ弱いんですね。

石黒:そのとおりです。「これをやりますが、いいですか?」でないと。上司に相談するとき、「こういう話があるのですが、どうすればいいですか?」なんて受動そのもの。「こういう話があって、自分はA案とB案があると思うのですが、どちらがいいでしょうか?」と、自分のアタマで考えて、能動的に提案する。だいたい、自分より上の人に対して失礼じゃないですか。自分のアタマを使って考えず、上司のアタマと貴重な時間を使おうとしているわけだから。上司はパシリかよと(笑)。仮に自分の案が採用されず、C案を指示されたとしても、自分が提案したA案、B案があるから新たなC案が出てきた、みたいなケースはよくある。こういう配慮の積み重ねが仕事の評価に結びつくものです。

 受動ではなく、能動。それが意識できない人は出世できないと、ごく普通にわかります。

【石黒謙吾氏】
編集者・著述家・分類王。1961年、石川県金沢市生まれ。講談社『PENTHOUSE』、『Hot Dog PRESS』の雑誌記者・編集者を経て、32歳で完全フリーに。以来、書籍の編集やプロデュースに注力し、これまでに200冊以上を手がける。著書は87万部で映画化もされた『盲導犬クイールの一生』はじめ、『2択思考』『図解でユカイ』『ダジャレ ヌーヴォー』など多数。プロデューサー・編集者としても、歴史・社会ネタからサブカルまで、硬軟織り交ぜたさまざまな本作りを展開する。全国キャンディーズ連盟(全キャン連)代表。日本ビアジャーナリスト協会副会長。草野球歴34年、年間40試合という現役プレーヤーでもある。


http://news.livedoor.com/article/detail/7486659/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。
スポンサーサイト

子どものやる気を奪う5つの言葉

「あなたのためだから」「間違ってるよ」「◯◯くんに負けちゃうよ」など、子どものやる気を奪ってしまう言葉をまとめました。子どもの「小さなプライド」を傷つけないように、努力することに喜びを感じられる心を育てましょう。親と子、一緒に歩んでいきたいですね。


http://matome.naver.jp/odai/2136046040033287301
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

あなたも言ってない?どんどん不幸になっちゃう危険な発言

数々のネガティブ発言が話題を呼んでいるイケメンモデルの栗原類さん。10月には『笑っていいとも!』レギュラーにも抜擢されるなど、人気・知名度 ともにうなぎのぼりの栗原さんですが、「スギちゃんより自分のほうが早く消える」「(恋愛について尋ねられて)僕が大切な人を見つけるなんて、とんでもない」など相変わらず栗原ブシが全開です。

ところで、こうした過度なネガティブ思考・発言は、テレビでキャラクターとして見ている分には面白いのですが、リアル世界で支障はないのでしょうか?

今回は、精神科医の西井重超先生に、ネガティブ思考にはどんな問題点があるのかについてお話をうかがいました。



■ネガティブ思考の人はうつ病になりやすい?

いまや日本で100万人の患者がいるといわれる“うつ病”。その特徴のひとつとして、“悲観的な思考に陥りがち”というものが挙げられます。

では、“うつ病になったから悲観的になる”というのとは、順序が逆のパターン。つまり“ネガティブ思考だからうつ病になる”ということはあるのでしょうか?

「ネガティブ思考の人はうつ病になりやすいですね。“どうせ私なんかコンパに行っても相手にされないので行かない”、“私は嫌われているので友だちを作ろうと思わない”など特に物事の受け止め方がネガティブで、言動もネガティブな人は要注意でしょう。

一方で“私は嫌われているだろうけど、別に他人の評価なんて気にしなければいい”などネガティブだけど楽観的な受け止め方をする人は、言動もネガティブな人よりうつにはなりにくいと考えられます」

ネガティブ思考は単なる性格の問題にとどまらず、精神衛生上もあまりよくないといえるのですね。とはいえ、「私は嫌われている」といった自虐的な捉え方が全て危険というわけではないようです。



■ネガティブ思考にも2種類ある?

上の項目で、“思考も言動もネガティブな人=不健全”、“一見ネガティブ思考のようで実は楽観的な人=健全”という図式が見えてきました。この両者の違いについて、もう少し詳しく教えていただけますか?

「まずは現実問題を解決するエネルギーがあるかが違いでしょうね。別の言い方をすれば思考の後に続く行動がどういうものであるかが違いでしょう。

例えば“私はダメ人間だ、だから●●”の●●にあたる部分が今後幸せになるか不幸になるかを大きく左右すると思います。“私はダメ人間だ、だからもうなにもしない”と“私はダメ人間だ、ダメすぎるからなんとかしないと”の違いです。

行動の内容としては人をうらやんだり人の足を引っ張ったりする行動は不幸になり、自分を変える方向の行動は幸せを呼ぶと思います。“私なんてモテないから、人の邪魔をしよう”と“私なんてモテないから、モテてる人のマネをしよう”の違いです」

思考がネガティブなうえに、さらに人の足を引っ張ろうだなんて、不幸が雪だるま式にふくれあがりそうですね。人の足を引っ張ることによって、一時的に快感は得られても、結局は自己嫌悪に陥ることになりそうですし……。

他方、「私は嫌われている」「欠点ばかりのダメ人間」というように、自分の悪いところばかり見えてくる人でも、ダメならダメなりに自分を受容できる人、そこ から事態の改善に向けて行動を起こせる人というのは、“ネガティブ思考”というより、“問題意識の高い人”というふうにプラスに評価できるかもしれませ ん。



以上、精神医学の観点から、ネガティブ思考の問題点について分析してみました。あなた自身はポジティブ思考ですか? それともネガティブ思考でしょうか?

もし、ネガティブ思考で、かつ、悩むばかりで何も行動を起こせないという人は、なるべくストレスを貯めこまないように、注意が必要かもしれませんね!

http://wooris.jp/archives/6749
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

b1
xva ニュース サイト
xvb無料SEO対策ツール
xvcショッピングモール