レンタルサーバー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

スペインCMの「実写版ドラえもん」が全く似てないが、異常に可愛いでござる

海外のあるCMが大きな注目を集めている。そのCMとは、日本の大人気キャラクター「ドラえもん」の実写版が登場するスペインのCMである! 実写版ドラえもん!? なっ、ナニーー!

それでは、どうやってあのドラえもんを実写化させたのだろうか? なんと意外や意外、本物のニャンコを使ってドラえもんを実写化させちゃったのである!

なるほどドラえもんはネコ型ロボットだから、ニャンコで実写化……なるほど、なるほど。それでは仕上がりのほうは、どうなっているのだろうかとそのCMを見てみたところ、これが……超絶カワイイのである!

原作のドラえもんとはあまり似ていないが、カワイイから許す! そんなふうについつい認めたくなるほど、この実写版ドラえもんは反則級に可愛らしいのだ! ということで、ぜひみなさんもこのCMをご覧になって、スーパーキュートなドラえもんに心癒されてみてはいかがだろうか?

http://ck.mailmag.livedoor.com/ck/2013001647b1eb79364641d743/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。
スポンサーサイト

近未来的な「新ロンドン空港」のデザインが決定【画像あり】

昨年話題になった、新国立競技場のコンペで最優秀賞を獲得したザハ・ハディッドさんが、今度は新しいロンドン空港の設計をロンドン市長によって任命されました。

http://ck.mailmag.livedoor.com/ck/20130016f6038f8e651e184287/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

コンピュータの発達でなくなる仕事、残る仕事

かつて産業革命が起こった頃、それまでは物品の輸送を担う貴重な“労働力”だった馬の大半が“職”を失ってしまった。それと同じことが21世紀の今起こりつつあるのかもしれない。しかも、今度お払い箱となるのは我々人間だ。
 『機械との競争』(エリク・ブリニョルフソン、アンドリュー・マカフィー/著、村井章子/訳、日経BP社/刊)は、アメリカ経済がリーマンショック以降の景気停滞から立ち直りつつあるにも関わらず失業率が下がらないことの原因を、テクノロジーの発達に人間(労働者)が追いついていけないことだとして、絶え間ない技術発展が雇用を破壊していることを指摘している。つまり、機械が人の代わりをできる、あるいは機械の方が人よりいいパフォーマンスができる仕事が増え、労働者が入り込む余地がなくなりはじめているというのだ。
 では、今後どんな仕事が機械化され、なくなっていくのだろうか。

■トラック・タクシー運転手は不要になる?
 従来、コンピュータは「既存のルールに従う仕事」は得意な反面、決まったルールの存在せず、状況から推測する要素の大きい仕事は苦手とされてきたが、ここ数年でその苦手分野の一部が改良されてきている。
 例えば市街地での車の運転。
 トラックの運転手は周囲の環境から視覚、聴覚、触覚に訴える様々な情報を受け取って処理しながら運転している。これを機械化するためには、ビデオカメラやセンサーを使って膨大な情報を収集し、プログラミングしなければならないわけだが、実際の車道は、右折一つ取っても関与する要素があまりに多く、運転手の行動を再現できるルールを定めることはできなかったのだ。
 しかし2010年、グーグルが公式ブログを通して、トヨタ・プリウスを改造した完全自動運転者でアメリカの道路を1600km走破したと発表した。混雑した道路での自動運転という極めて困難なタスクが、コンピュータによって可能になりつつあるのである。

■複雑なコミュニケーションが機械にとって代わられる日
 人間同士の複雑なコミュニケーションも、長らくコンピュータには真似ができないものだとされてきた。
 その最たるものが異なる言語間の翻訳だ。インターネットの翻訳サービスが始まって久しいが、その質はまだまだという認識を持っている人も多いだろう。
 文法や語彙は極めて複雑で、時にあいまいなためコンピュータでは細かなニュアンスまで他の言語に移し替えることができなかったのだ。
 オンライン翻訳サービス会社のライオンブリッジがIBMと共同開発した機械翻訳ソフト「GeoFluent」(ジオフルーエント)は、そんなコンピュータ翻訳の課題をかなりの水準でクリアしている。
 会話や質疑応答に威力を発揮し、少なくともビジネス目的の翻訳・通訳では十分に役割を果たせることが実証された。さらに改良が加えられたら、もしかしたら将来的には翻訳家という職業がなくなってしまう可能性もないとはいいきれないのだ。

■人間がまだ勝っている部分
 では、まだ人間がコンピュータに勝っている部分はあるのだろうか。
 本書によると、意外なことに肉体労働の分野にそれが多く残されているという。
 人型ロボットの運動機能はまだ拙いため、庭師やウェイターといった仕事がすぐに機械化される心配はない。また、配管工や看護師も一日中、小さな問題解決や予想外の出来事、複雑なコミュニケーションを繰り返しており、これも機械が取って代わるまでには多くの時間を要するだろう。
 あるいは、人を感動させる音楽を作ったり、小説を書いたりという創造的な仕事もまだ人間にしかできないと言っていい。これらの職業についている人は、当面は自分の仕事が機械化されて奪われる心配はないだろう。

 本書には、コンピュータによってどのようなことが機械化され、どんな職業が衰退していくのか。その局面において私たち人間はどうすればいいのかがつづられている。
 コンピュータの発達は足取りを止めず、次々と対処可能な動作や技能を増やしていくのは間違いない。
 その時に私たちの雇用がどうなるかは誰にもわからない。
(新刊JP編集部)


http://news.livedoor.com/article/detail/7493232/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

しょうゆ×ソースの「しょース」 オリバーソースから

しょうゆ風味のソース「しょース」がこのほど、神戸の食品メーカー、オリバーソースから発売された。3月に創業90周年を迎えたことを受けての記念商品だ。

 丸大豆しょうゆを使い、しょうゆもろみでうま味とコクを加えた。隠し味に「どろ」と呼ばれているウスターソースの沈殿物を入れている。ネギやシーフードなどを使ったお好み焼(ネギ焼や牡蠣お好み焼など)に合うほか、オリバーソースのWebサイトでは餅や卵を使ったレシピを紹介している。塩分は5.3%としょうゆ、ウスターソースより低い。

 現在品薄のため、同社サイトでの通信販売は3月20日からとなる予定。360グラム入りで希望小売価格は250円。

http://news.livedoor.com/article/detail/7486694/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

警察官に重い「不倫」の“総決算”…サラリーマンとは比較にならぬ処分の「理由」 

 かつて「不倫は文化だ」と開き直った芸能人もいるが、しゃれで済まないのが警察官の不倫だ。ことは家庭内の問題にとどまらず、一般のサラリーマンや公務員と違って処分の対象になるからだ。「不倫禁止」はいわば、職業倫理の高潔さの裏返しだが、そうも言っていられないのがモラル低下の著しい昨今の警察事情。昨年、異性関係の不祥事が絶えなかった大阪府警の事例をもとに、警察官の処分について考える。

■「性の乱れ」深刻

 平成24年は全国の警察にとって悪夢のような1年だった。免職62人と停職128人は、12年に始まった警察改革以降で過去最悪。減給、戒告を含めた懲戒処分者の総数(458人)も前年より100近く増えた。

 注目すべきは、懲戒理由の内訳で強制わいせつや痴漢などの「異性関係」が突出していた点だ。職務にかかわる「公文書偽造・証拠隠滅」(61件)を大きく引き離し、処分者全体の3割(139人)に上っていた。

 大阪府警の昨年の懲戒処分者も最悪の38人(前年比17人増)。ここでも、わいせつ行為など業務に関係のない不祥事が全体の半数以上を占めた。

 これらの数値が示しているのは、警察官の“たが”が外れてしまっているという深刻な現実だ。民間よりレベルが低いかどうかは分からないが、性に厳格とは到底言えそうにない。

 一方、懲戒までには至らない比較的軽い不祥事は訓戒や注意といった形で処分されており、冒頭で触れた不倫については当事者を訓戒とすることが多い。

 昨年1年間に府警から訓戒を受けた63人のうち不倫は前年比7人増の36人。懲戒と違って給与や退職金で不利益を受けることはないが、人事考課や配転には影響が出るとされる。

■不倫の「落とし前」

 他の公務員やサラリーマンの不倫はどうか。警察官と比べてみよう。

 ケース(1)社外不倫

 財団法人「労務行政研究所」(東京都港区)によると、部外者との不倫を処分対象としている企業はほとんどない。あくまで「社員のプライベート」という見方が一般的だ。

 しかし、警察は違う。「私生活上の行為」というくくりは企業と同じだが、たとえ部外者相手であっても「公務の信用を失墜するような不相応な借財、不適切な異性交際等」という警察庁の処分指針に照らし、信用失墜行為や不適切交際とみなされる。

 ケース(2)社内不倫

 企業の人事担当者の頭を悩ませるのがこの社内不倫だ。処分を科すには、多くの企業が就業規則で禁じている「社内の秩序や風紀を乱す行為」に該当するかどうかが焦点となる。

 ただ、社内でいくら噂になっても人事担当部門の調査力には限界があり、当事者同士が認めなければ不倫の事実を確認すること自体が困難。仮に認めたとしても、そのことで企業秩序や社会的評価がどれだけ損なわれたか、具体的に見極めなければならない。職場で愁嘆場(しゅうたんば)が何度も演じられるような「泥沼の不倫劇」以外、処分するのは難しいのが実情だという。

 過去に解雇が認められた裁判例もあるが、就業規則で男女関係禁止を明示していたバス運転手とバスガイド、あるいは学校教師と、生徒の母親の交際など、例外的なケースのみだ。

 人事・労務の専門情報誌「労政時報」を編集している同研究所の荻野敏成編集長は「社内、社外を問わず、サラリーマンが不倫で処分されることは少ないとみていい。あってもごく軽いものにとどまる」と話す。

 一方、警察官ならいわずもがな、当事者双方が処分される。直属の上司と部下だと“なれそめ”に上司の地位利用がなかったかも含め、部外者との関係よりも厳正に対処される。

 一般の公務員はどうだろう。人事院が定めた国家公務員の懲戒指針には不倫の項目はなく、各省庁が内規で判断することになるが、警察庁を除けば「不倫即処分」としているところは少ないとみられる。

 地方自治体の職員でも「信用失墜の程度を考慮することになるが、基本的には処分されない」(大阪府の人事担当者)という。

■処分の是非は

 「今後、着信が確認されたら、捜査を始めるので注意してください」

 府警交通部の男性職員(47)は、兵庫県警でストーカー対策を担当する警察官になりきり、出会い系サイトで知り合った40代の不倫相手にこんな“警告”メールを送っていた。関係解消のために、連絡をやめさせたかったという。不審に思った女性が兵庫県警に問い合わせたところ、大阪府警の職員であることが発覚した。

 男性職員は訓戒の中でも最も重い本部長訓戒とされ、依願退職している。身分を詐称した偽装メールは論外として、不倫が原因で職を失うはめになった。

 ここまで話がこじれなくても、不倫で処分されれば、「ケース・バイ・ケースだが少なくとも2、3年は昇任が留め置かれる」(府警幹部)といい、警察組織における不倫の代償は大きい。

 民間では処分できない不倫に、警察はなぜここまで厳しい態度で臨むのか。部内はともかく、部外者との関係では「人事への影響は小さくていい」という声も一部にはある。

 だが、幹部の一人は「部内はだめで部外はOKでは示しがつかない。仕事や家庭のことをかんがみれば、不倫はやはり秩序を乱す行為の一つだ」とした上で、「不倫をすることで遊興費が足りなくなり、ほかの不祥事に発展するケースも少なくない」と処分の必要性を指摘する。

 別の幹部は、発覚の端緒として(1)別れ話がもつれて、一方の当事者から告発がある(2)職場での親密な関係が噂になり、投書が送られてくる(3)家族が不倫に気づき、相談に来る−の3点を挙げ、「不倫が表面化するときは、すでに職場や家庭でトラブルになっていることが多い」と分析。「そういう意味では業務に支障が出ているわけだから、警察官である以上、やはり処分されるべきだろう」との見解を示している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130309-00000544-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




| ホーム | 次ページ
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

b1
xva ニュース サイト
xvb無料SEO対策ツール
xvcショッピングモール