レンタルサーバー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

「中指立てられ」「チームに脅迫みたいなものが」 日本人サッカー選手にスロバキアで人種差別

 「人種差別的なことを受けて生活できなくなり帰国しました」——。スロバキアでプレーしていたサッカーの中村祐輝選手が2013年1月30日にブログでこう明かした。

 観客から鬼の形相で名前を呼ばれ、中指を立てられたり、所属チームに脅迫のようなものが届いたりといったことがあったという。

 J-CASTニュースでは、現在ハンガリーでトライアルに挑戦中の中村選手に話を聞いた。

■「この時代にそんなことするか?って思うことがたくさんありました」

 中村選手が所属していたのは、スロバキア南部の町を拠点とする2部リーグのMSKリマフスカ・ソバタだ。2012年7月下旬に移籍、背番号は10番を与えられた。しかし9月初めには日本に戻っていた。わずか1か月の間に何があったのか。

 2013年1月31日、J-CASTニュースが中村選手に話を聞くと、移籍直後から問題があったと明かした。最初の試合終了後、サポーターと選手がハイタッチしていくところで中村選手だけがのぞかれた。そして、一部のサポーターによるバッシングがエスカレートしていった。その様子をこうブログに書いている。

  「この時代にそんなことするか?って思うことがたくさんありました。試合前、後にはサポーターから鬼の形相で自分の名前だけ叫ばれて、中指を立てられ…(…)チームに脅迫みたいなものが来てしまい責任を持てないからということで帰国してきました!! 」

 以前から人種差別的なサポーターがいて、中村選手の前にフォワードをしていた、ベトナム人とスロバキア人とのハーフの選手は2得点しても、まったく認められないことがあったそうだ。

 ただ、これはあくまで一部だと中村選手は強調した。実際、チームの公式フェイスブックでは、リーグ戦中の8月8日の「4試合を終えて、Nakamuru(編注:中村の打ち間違いか)をどう思いますか?」との質問に対して、「すごくよく見えるけど、一部のファンと審判たちはそうじゃないみたいだね。彼らは人種差別主義者だ」「一部のサポーターは批判的過ぎると思う。キックオフの前に何が出来るって言うのよ…」との書き込みがある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130201-00000002-jct-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

なでしこリーグ覇者 宮城で常盤木学園高と熱戦

 サッカー女子、なでしこリーグ覇者のINAC神戸と常盤木学園高(宮城)による「東日本大震災チャリティーマッチ」が19日、宮城県利府町の県サッカー場で行われた。試合はINAC神戸が後半2点を挙げ3-1で常盤木学園高を下し、貫禄を見せた。

 INAC神戸は、昨年のワールドカップを制した日本代表「なでしこジャパン」の大野忍、川澄奈穂美両選手ら主力メンバーが出場。昨年、国際サッカー連盟(FIFA)世界年間女子最優秀選手に輝いた沢穂希選手は、けがで欠場した。
 常盤木学園高からはU-19日本代表の京川舞、仲田歩夢、鈴木里奈の各選手が出場し、高校生活最後の試合に臨んだ。
 4000人を超える応募者から選ばれた1500人と、招待された宮城県内の女子小中学生約1000人が観戦。小雪が強風に舞う悪天候にもかかわらず、選手に熱い声援を送った。


◎「強さやスピード違う」

 国内女子トップチームと全国屈指の強豪高校が、雪の舞う宮城県利府町で白熱した戦いを繰り広げた。気迫のこもったプレーに、詰め掛けた2500人の観客から大きな拍手が起きた。
 選手は震災の被災地・石巻の女子小中学生と共に入場。石巻市のスポーツ少年団「蛇田FC」の鈴木和華子さん(10)=同市向陽小4年=は「選手のオーラに圧倒された」と興奮気味に語った。
 試合は序盤からINAC神戸のペース。前半11分にFW高瀬愛実選手が先制点を挙げた。FW川澄奈穂美選手が、スピードあるドリブルを見せるたびに歓声が沸き、あちこちでシャッター音が響いた。
 「頑張れ」。地元・常盤木学園高は応援を受けて奮闘。MF伊藤美紀選手が前半32分、同点ゴールを決めると会場は歓喜の声に包まれた。後半は、INAC神戸入りが決まっているFW京川舞選手にボールを集め、ゴールに迫ったが得点できなかった。
 観戦した仙台市宮城野区の会社員佐久間隆さん(45)は「さすがにINAC神戸は日本一のチーム。(選手の)強さやスピードが違う」と振り返る。仙台市のジュニアユースクラブチーム「ACアズーリ」の門馬哲平君(13)=仙台市広瀬中1年=は「強豪相手に(常盤木学園高の)食らいついていく姿に元気をもらった」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120220-00000010-khks-l04
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



香川、4戦4発に独紙絶賛!

 【ベルリン13日】香川はシャワー付き便座とブロンド美人が恋しい!? 13日付ドイツ・スポーツ紙のビルトは、公式戦ここ4試合で4得点と絶好調のドルトムントの日本代表MF香川真司(22)を絶賛する特集記事を掲載。来年6月まで残る契約延長の希望を初めて明らかにし、魔法の呪文「アブラカダブラ」にかけた「アブラカガワ」や、「クロップ監督のゴール魔術師」の大見出しがカラー紙面に躍った。

 「真司の名前は“真の支配者”の意味もある。彼のようにボールを支配する者はだれもいない」と絶賛。「真司のゴールは世界レベル」というクロップ監督(44)らの賛辞を並べた。

 快適なドイツ生活の中で、香川がただ一つ変えたいのがトイレ。「便座が暖まるシャワー付きトイレが恋しい」と話したという。そこで同紙は「そしてブロンド美人! 香川はシングルだ」と勝手に論理を展開。「これほどブロンドを見たことがない」という香川のコメントを引用し、「足りないものはブロンド美人の恋人だけだろう」と伝えた。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120213-00000258-sph-socc
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



熊本の北川アカデミーコーチが退任、水戸のアカデミースタッフへ

 ロアッソ熊本は27日、北川佳男アカデミーコーチが退任することが決まったと発表した。今後は水戸のアカデミースタッフに就任するという。

 北川アカデミーコーチはクラブを通じて「熊本で5年間生活をさせていただきましたが、ロアッソ熊本で選手生活を終えられた事を誇りに思います。そして、指導者としての第1歩を熊本で始めさせていただいた事に感謝しています。熊本と水戸がJ1で対戦できることを楽しみに、又、水戸がJ1昇格できるよう頑張りたいと思います。熊本がJ1昇格するためには、熊本県民皆様の応援が必要です。今後もロアッソ熊本への応援をよろしくお願い致します。これからもロアッソ熊本を応援しています。ありがとうございました」と挨拶している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120127-01093704-gekisaka-socc
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



リバウド、ゲンク移籍は実現せず

『Sportwereld』によると、ゲンクは元ブラジル代表リバウドからの加入の申し出を断ったようだ。

かつてワールドカップ(W杯)優勝も経験したMFは現在、サンパウロを離れて以降フリーの状態となっている。だが、2012年いっぱいは現役を続けるつもりだという。

1999年にはFIFAの年間最優秀選手にも輝いた同選手は、現在ならコストなしで手に入れることができる。ベルギー紙は、同選手の代理人がゲンクに話を持ちかけたと報じた。だが、クラブは39歳のリバウドを加えることを望まなかったという。

リバウドはかつて、カンプ・ノウやジュゼッペ・メアッツァなど欧州のスタジアムで活躍してきた。現役生活を終えるまでに、どこかプレーできるクラブを探している。

ゲンクは現在、ベルギー国内リーグで2位につける。19試合を終えて、首位のアンデルレヒトを勝ち点1差で追っている。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120105-00000016-goal-socc
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




| ホーム | 次ページ
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

b1
xva ニュース サイト
xvb無料SEO対策ツール
xvcショッピングモール