レンタルサーバー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

DEVILOCKプロデューサー・遠藤憲昭、初の自伝の限定版予約がスタート

ストリート・ファッション・ブランド、DEVILOCKのプロデューサーである遠藤憲昭の、2月25日(土)に発売される初の自伝『THE STORY 遠藤憲昭 自伝~ストリートから伝説へ~』の初回限定版の内容が明らかになった。



本作はファッション・シーンのカリスマとして確固たる地位を築いた著者による自伝の形をとりつつも、野心と野望に満ちたすべての若者へのエールともなっている。2012年度版『成りあがり』とも言うべき灼熱のメッセージが詰まった1冊だ。

昨年11月に40歳という節目を迎え、15年に渡る「DEVILOCK」の歴史に終止符を打った遠藤憲昭。本作では、単身のアメリカ生活、アルバイトから会社社長へ、大切な仲間との出会い・別れ、セレブ生活、結婚から離婚、世間を騒がせたあの事件、そして解散まで今まで語ることのなかった赤裸々な思いを綴っている。

そんな本作の初回版では、オリジナル・ケースに本書とトートバッグがパッケージされたスペシャル・セットが限定販売される。デザインは、ファッション・デザイナーであり遠藤氏とは盟友であるJUN WATANABE氏によるもの。

こちらは、2月25日(土)・26日(日)の「DEVILOCK NIGHT THE FINAL」の会場での販売と、ぴあBOOK SHOP、ZOZOTOWNにて予約のみの販売となっている。

なお、幕張メッセで開催される「DEVILOCK NIGHT THE FINAL」のチケットは現在発売中。オフィシャルホームページで事前販売されたオリジナルグッズは、いずれも完売するなど、開催前から熱い盛り上がりを見せている。

また、スカパー!の複数チャンネルでは独占同時生中継も実施され、BSスカパーでは全ステージのライブ、バッグステージの模様やアーティストコメントなども生中継で放送される。

■『THE STORY 遠藤憲昭 自伝~DEVILOCK ストリートから伝説へ~』
遠藤憲昭:著
2月25日(土)発売 定価1500円【書籍のみ】 /定価3000円【オリジナルトートバッグ付限定2000セット】
四六判 224ページ ぴあ刊




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120131-00000006-pia-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

ちゃんこ心意気も熱々 1200食 野菜は仙台の業者提供

 盛岡市のちゃんこ料理店「ちゃんこ太五郎」の店主菅原東広さん(51)らが29日、ちゃんこ約1200食を岩手県釜石市で東日本大震災の被災者に振る舞った。菅原さんは、震災発生直後から被災地で炊き出しを続けている。活動を知った仙台市の野菜加工業者が今回、野菜を提供。被災者を励ます支援の輪が広がった。
 釜石市唐丹町の小白浜仮設住宅団地のテントに、コンロと大鍋を持ち込んで調理。ボランティアの仲間ら25人が手分けして、周辺の仮設住宅団地など11カ所に届けた。
 小白浜団地に住む小池悦郎さん(81)は「最高の味。身も心も温まる」と感謝していた。
 野菜を提供したのは、仙台市太白区のカット野菜製造「鈴木青果」社長の鈴木進一さん(68)。盛岡市出身の鈴木さんは、在仙の岩手県応援団「鬼の手会」会員で「宮城の被災地にも野菜を届けてきたが、古里で困っている人のためにも力になりたい」と、菅原さんに協力を申し出た。
 鈴木さんが提供したキャベツ、白菜などの袋詰め野菜に菅原さん特製のスープなどを添え、自宅で食べられるようにした「ちゃんこセット」(4人分)200セットも用意。仮設住宅以外で避難生活を送る市民にも届けた。
 菅原さんは「鍋は皆で作り、皆で食べ、皆が元気になるもの。人との絆を大事に、要請があれば宮城でも活動したい」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120130-00000009-khks-l03
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



【決死の言い訳】

『こんな時、あなたならどう言い訳しますか?』

かなり、苦しい言い訳を集めた、爆笑本です!

歴史に残らない男たちの迷言集!
『決死の言い訳』▼

決死の言い訳

みんなの苦しい言い訳も覗ける!

『苦しい言い訳キャンペーン!?』開催?(´∀`;A

その模様はこちら▼

決死の言い訳


「粗末な食事、医療も不十分」=釈放の元政治犯―ミャンマー

 【ヤンゴン時事】ミャンマーの著名な政治犯で、今月中旬政府の恩赦により釈放された少数民族政治団体「シャン族民主連盟」代表クン・トゥン・ウ氏(68)が28日までに、最大都市ヤンゴンの自宅で時事通信の単独インタビューに応じ、「刑務所内は食事がひどく、医療体制も不十分だった」と過酷な拘束生活を振り返った。4月の国会補欠選挙には参加せず、2015年に行われる次期総選挙までに政党としての態勢固めを急ぐ方針も明らかにした。
 少数民族武装勢力との関係を疑われた同氏は05年、国家転覆などの容疑で逮捕された。禁錮93年の刑を受け、ミャンマー最北端にあるカチン州のプータオ刑務所に収監された。
 釈放の際、「再度罪を犯せば釈放前の刑期も加算される」との文書に署名するよう求められた。しかし「自分は罪を犯していない」と主張し、署名を拒否した。同氏は「恩赦は63年の減刑で、差し引いても刑期が残るのに釈放された。逮捕も釈放もいいかげんなものだ」とあきれた表情を見せた。
 刑務所内の生活にも言及。食事は粗末で、「スープは水に野菜とうま味調味料を入れただけ。水も汚く、食べられたものではなかった」という。家族が3カ月に1度面会に訪れ、乾燥魚などを差し入れてくれたほか、刑務所職員に近くの市場で買ってきてもらう米などでしのいだ。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120129-00000007-jij-int
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



川崎殺人・遺体遺棄事件、容疑者が親に「働いている」とうそ/神奈川

 死体遺棄容疑で逮捕された岡田容疑者が「(同居する)親に『働いている』と(うそを)言っていた」「『14日が給料日』と伝えていた」と供述していることが、捜査関係者への取材で分かった。

 同容疑者は親に生活費を払っていたといい、特捜本部は同容疑者が生活費の工面に困り、親に給料日と言っていた14日ごろに犯行に及んだ可能性があるとみて調べている。

 関係者らによると、同容疑者は2010年、川崎市中原区の新聞販売店に勤務。同市北部を担当していたが、半年ほど勤めた後、同年冬ごろ辞めたという。

 県警によると、昨年12月14日の行動について、同容疑者は「(侵入する)家を物色していて疲れたため、(柳澤さんの自宅前の)公園で休んだ」と話している。

 一方、柳澤さんの足取りは、その後の捜査で同月14日夕方まで確認されたという。

 当初、近隣住民から15日早朝にごみを出す柳澤さんの姿を目撃したという情報が寄せられていたが、14日早朝だった可能性があることが判明。柳澤さんの自宅から近くの菓子店で同日午後3時ごろ買い物をしたレシートが見つかったほか、午後5時ごろに自宅で宅配便を受け取っていることが確認されたという。

 こうした状況などから、特捜本部は柳澤さんが襲われたのは14日夜から15日未明の間とみて調べている。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120129-00000007-kana-l14
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



第84回センバツ高校野球:関東一に春の便り 優勝旗奪取へ意欲(その2止) /東京

 ◇勝負強さ前面に
 ◇最少失点で守り抜く野球目指す
 秋に急成長した右の本格派・中村祐太投手と左腕の醍醐駿平投手の両1年投手が自慢。打撃は木内準祥主将(2年)や伊藤大貴選手(同)らが軸となる。米沢貴光監督は「最少失点で守り抜く野球を目指したい」と話す。
 昨年10月の秋季都大会では、勝負強さを前面に出してトーナメントを勝ち進んだ。決勝で、昨夏の東東京大会で惜敗した帝京を破って4年ぶり2回目の優勝。同11月の明治神宮大会では、大会準優勝の愛工大名電(愛知)に初戦で敗れたが、1-2と接戦を演じた。
 野球部の創部は1927年。センバツは86年に小倉全由・元監督(現日大三監督)のもとで初出場。87年に現楽天コーチの三輪隆さんを擁し準優勝した。夏は5回出場、85年と10年の8強が最高だ。
 00年秋に部OBで社会人野球チーム「シダックス」(06年に廃部)の元選手、米沢監督が就任。現在の部員は2年生29人、1年生29人の計58人(うちマネジャー3人)。千葉県白井市に専用グラウンドを構え、選手は付設の寮で生活する。
 学校は25年に関東商業学校として創立。73年に商業科を廃止、普通科を新設し現在の校名になった。OBに北海道日本ハムの武田勝投手、格闘家の須藤元気さんら。

1月28日朝刊



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120128-00000012-mailo-l13
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



パキスタンのムシャラフ前大統領が帰国延期、政界からも距離

イスラマバード(CNN) パキスタン前大統領で現在亡命中のムシャラフ氏は、パキスタンの政情が落ち着き、同氏に対する訴訟が解決するまで帰国を延期した。ムシャラフ氏の所属政党、全パキスタン・ムスリム連盟の幹部が27日に明らかにした。

またムシャラフ氏に近い別の情報筋によると、ムシャラフ氏は向こう1年間は帰国せず、政界からも距離を置くという。

ムシャラフ氏は2008年の辞任以降、ロンドンとアラブ首長国連邦(UAE)ドバイで亡命生活を送っているが、同氏は母国パキスタンに帰国し来年の総選挙に出馬する意向を示していた。しかし、パキスタン上院がこのほど、ムシャラフ氏を逮捕しムシャラフ政権下で行われた違憲行為について裁判にかけるよう求める拘束力のない決議を可決したことを受け、全パキスタン・ムスリム連盟は、ムシャラフ氏の帰国計画を見直すとしていた。

連盟の幹部によると、ムシャラフ氏は帰国の延期を拒んだが、党が延期を強く求めたという。また同幹部は、パキスタンの政情が落ち着いたら改めてムシャラフ氏が帰国すべきか否かを決めると付け加えた。

ムシャラフ氏は、07年に起きたブット元首相暗殺への関与を疑われており、国連も10年にムシャラフ政権がブット氏の警護を怠ったとする報告書を発表している。これについてムシャラフ氏は、ブット氏は警察の保護下にあったが、自ら不要な危険を冒したとして、関与を否認している。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120128-00000006-cnn-int
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



青山CAYで〈青山民謡酒場 vol.5〉開催!

 東京・青山にあるライヴレストラン「CAY」(www.spiral.co.jp/f_guide/cay)では、3月8日(木)~9日(金)にかけて、イベント〈青山民謡酒場 vol.5〉を開催します!

 ジャンルを超えて良質な音楽を提案してきたCAYが、津軽三味線の第一人者・澤田勝秋と、唄と太鼓の実力者として、民謡、ジャズ、ポップスとジャンルの垣根を越えて幅広く活躍する木津茂理による民謡ユニット“つるとかめ”を中心に、地域に根付いたソウルフルな“民謡”を“食”とともに提案するべくスタートしたイベント〈青山民謡酒場〉。

 第5回目となる今回は、ゲストに林 立夫、ASA-CHANG、坂田 学、伊藤大地という、日本の音楽シーンになくてはならない4名のドラマー / パーカッショニストが集結! 元来、農作業など生活の中の自然な動作から生まれ、血肉となって息づくおおらかな民謡のリズムを奏でるつるとかめと、“今”という時代のリズムを刻むミュージシャンが出会い、溶け合ったとき、どのようなグルーヴが生み出されるのか……。想像を超えたコラボレーションに注目です!



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120127-00000020-cdj-musi
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



熊本の北川アカデミーコーチが退任、水戸のアカデミースタッフへ

 ロアッソ熊本は27日、北川佳男アカデミーコーチが退任することが決まったと発表した。今後は水戸のアカデミースタッフに就任するという。

 北川アカデミーコーチはクラブを通じて「熊本で5年間生活をさせていただきましたが、ロアッソ熊本で選手生活を終えられた事を誇りに思います。そして、指導者としての第1歩を熊本で始めさせていただいた事に感謝しています。熊本と水戸がJ1で対戦できることを楽しみに、又、水戸がJ1昇格できるよう頑張りたいと思います。熊本がJ1昇格するためには、熊本県民皆様の応援が必要です。今後もロアッソ熊本への応援をよろしくお願い致します。これからもロアッソ熊本を応援しています。ありがとうございました」と挨拶している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120127-01093704-gekisaka-socc
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



京大病院とNTT、リウマチ患者を対象とした情報共有システムを開発……病院外でもスマホで計測

 京都大学医学部附属病院(京大病院)と日本電信電話(NTT)は27日、関節リウマチ患者の病気の進行度や症状・機能障害の程度をスマートフォンで計測し、かつ医療従事者がリアルタイムに計測情報にアクセスできるシステムを開発したことを公表した。



 手足の機能に大きな障害をもたらす慢性疾患の1つに「関節リウマチ」(Rheumatoid Arthritis)があり、患者の数は全国で60万人以上と推定されている。京大病院では2011年4月に、本格的な診療科横断的治療センターであるリウマチセンターを創設、治療改善のための研究を進めていが、関節リウマチの治療において、日々の活動状況を短い外来診察の時間の問診だけで判断することは難しいのが現状だった。

 京大病院とNTTは、「疾患活動性情報共有システム」を開発。 疾患活動性情報共有システムでは、患者に負担をかけることなく日常生活のなかで簡易に計測・記録・評価が可能となる。スマートフォンを持っているだけで、歩容(歩いているときの身体運動の様子)や移動距離の測定が可能であり機能評価を行うことができる。また患者が日々の体調をスマートフォンで簡易に記録でき、疾患活動性評価を行うことができる。計測結果等を即時にネットワークを介してサーバへ転送し、医療従事者と共有することも可能。

 NTTが開発したXML形式の記述方式「FDML(Field Data Mark-up Language」を採用しており、スマートフォンからサーバへ送信されるさまざまなセンサ情報を、時間関連性を維持しながら扱うことができる。また、サーバ側がFDML(Field Data Mark-up Language)準拠であればデータベース構造の変更なく新しいセンサ情報を簡単に追加できる。

 両者は、スマートフォンで動作する歩容解析アプリケーションを利用し、京大病院内にて関節リウマチ患者の歩容を測定する予備実験を、昨年4月から5月にかけて実施。従来使用されてきた大型の加速度センサと同等の歩行評価が可能であること、歩容評価が関節リウマチの疾患活動性や問診による日常生活動作(ADL)と相関があることを確認したという。

 京大病院とNTTは、日常生活のなかでの有用性を確認するため、2月1日より患者にスマートフォンを貸与し、病院外でのフィールド実験も開始する予定。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120127-00000027-rbb-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




| ホーム | 次ページ
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

b1
xva ニュース サイト
xvb無料SEO対策ツール
xvcショッピングモール