レンタルサーバー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

心がイキイキする60秒言葉のセラピー


★心がイキイキする60秒言葉のセラピー



人生ちょっとガンバローと思ったとき言葉が背中をぽ~んと押してくれます。

元気をもらった方もたくさん、いらっしゃるでしょう。

漫遊書家「黒田クロ」の読んでいるだけで心がイキイキしてくる言葉が満載です! 

いつも持ち歩ける携帯サイズです。

“・・・・・・たら相手も笑ったヨ”
“心の扉は・・・・・しか開けない”
“・・・・・・より自分を変える方がカンタン”



スポンサーサイト

私が世界No.1セールスマンになるためにやった50のこと




---------------------------------------------------

今、女子大生の中でも非常に注目を
集めているという書籍をご紹介します。

こちら▼

---------------------------------------------------


★私が世界No.1セールスマンになるためにやった50のこと


---------------------------------------------------


『セールスマン』という響きから、安易に営業ノウハウ
といったようなイメージを持たれる方も多いかもしれませんが、


つまりは、『コミュニケーション』と『仕事術』なのです。


どのような、コミュニケーションをとり、どのような
方法と心構えで処理し、整理していくか、


この本を読めば、


世界No,1の方法と、『今のあなた』の行い方を比較できます。


もし、これまであなたが1つ1つの出会いや
チャンスを活かしきれない。


何の人脈やチャンスにもつながらない。
という事を経験した事があるなら、


この本は、読み終えた瞬間から今後のあなたの
人付き合いや、その後につながるチャンスを
格段に広げていくでしょう!


思い出してみてください。


ただ、名刺交換しただけで、今となっては
『この人、誰?』
という出会いを積み重ねていませんか?


その出会いを本当は、
どうすればよかったのでしょうか。


『コミュニケーション』と『仕事術』は、
生きている限り、すべてのシーンで役立ちます。


なぜなら、単純に
『人とのつきあい方』だからです。


このコツを掴み、積み重ねる事は、
あなたの未来を『楽しいもの』に変える
結果にしかつながらないのです。


つまり、この書籍で語られている事は、


『出会い』や『チャンス』を
一番活かす為の方法です!



それと、電子書籍だけの特別特典として、


1、『世界No,1セールスマンになるためにしてはならない10のこと』

2、『世界No,1のスゴワザ営業術』


上記の2つの動画が特典でついてくるという事です。


興味がありましたら、是非、詳細をご覧になってみてください▼


---------------------------------------------------


★私が世界No.1セールスマンになるためにやった50のこと


---------------------------------------------------


大阪市特別顧問・鈴木亘氏に聞く「西成特区構想 明るい未来を」

産経新聞 5月29日(火)15時7分配信

--大阪市の「西成特区構想」担当の特別顧問として、どのような構想を描いているか

 西成区、特に(日雇い労働者の多い)あいりん地区は、2万5千人の人口が2030(平成42)年には9450人まで減るという人口推計をまとめた。高齢化率の急伸、子供の減少も深刻だ。今後、子育て世代が入って一定人口が保たれる仕掛けをつくらなければならない。

 --橋下徹市長は塾代助成などを打ち出している

 塾代助成は子供を増やすというメッセージであり、それ自体は地元からも好感をもって受け止められているが、それだけでは足りない。たとえば在阪の大学が共同で使える大規模留学生会館・国際交流センターを設置し、小中一貫校で早期の語学教育を行ってもらったり、インターナショナルスクールや一流私立高校、大学の分校を持ってきたりするなど、最高水準の教育施設を誘致してはどうか。

 --住環境では、どんな施策を

 改善しているが、結核罹患(りかん)率はまだ高いのでさらに対策が必要。子育て世代が住むには公園整備も必要だし、治安対策も重要だ。街がきれいになれば、地価が安くて交通の便もいいので、子育て世代を呼び込めるポテンシャルはあると思う。雇用問題を考えれば産業振興策も必要だ。

 --産業として期待できるものは

 最近、外国人観光客やバックパッカーに西成区の簡易宿泊所が注目されている。LRT(次世代型路面電車システム)や長距離バスターミナルの設置と組み合わせるなど、観光業は期待できる分野だと思う。

 --増大する生活保護対策も喫緊の課題だ

 「働ける受給者」が激増している。一度生活保護を受けると安住してしまい、自立するのは極めて困難になる。働いても大した収入にならず、むしろ保護費が減らされて「損をする」今の制度では、働こうという気にはならない。

 受給者にはきつい仕事しか求人が出ず、働いても時給換算すれば50円程度にしかならない。786円もの最低賃金を払って彼らを雇いたいという企業が少ない現実を考えれば、OJT(仕事を遂行しながらの訓練)で雇用訓練をし、持続的雇用を約束してくれる企業に対して人件費補助を行い、若い受給者が希望するような多種多様な求人を呼び込む手がある。

 --労働収入はどうするのか

 現在のように収入分を保護費から控除するのではなく、全額労働者のものになるが、自立するまでは強制貯蓄するシステムにすれば自立時の初期資金にもなる。自立を促さなければ(行政の)負担は膨らむばかり。労働意欲、自立意欲を持ってもらうことが重要だ。

 --課題は山積しているが、街の未来をどう描くか

 現状の問題に目をつむるような対策ではなく、明るい未来の方向を描くような構想にしたい。(木村さやか)

 【プロフィル】鈴木亘 神戸市生まれ、上智大経済学部卒。日本銀行勤務を経て大阪大大学院経済学研究科に進み、阪大社会経済研究所助手、大学院国際公共政策研究科助教授などから現職。専門は社会保障論、医療経済学、福祉経済学。今年3月末、大阪市特別顧問に就任した。著書に「生活保護の経済分析」(東京大学出版会)など。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120529-00000120-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



<窃盗>「セコム」警備員を逮捕 現金盗んだ疑い 京都 

 京都府警中京署は26日、閉店後の居酒屋に侵入し現金を盗んだとして、警備会社「セコム」近畿本部(京都市下京区)の警備員、黒河亮介容疑者(31)=同市左京区静市野中町=を窃盗と建造物侵入の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は26日午前1〜10時、かつて担当していた同市中京区の居酒屋の入り口をバールで壊して侵入し、店のレジから現金約21万円を盗んだ、とされる。「生活費に困っていた」などと容疑を認めているという。

 同署によると、店側が同日午前、警察とセコムに通報。防犯カメラの映像を見たセコムの上司が気付いた。黒河容疑者は容疑を認め、上司に付き添われて同署に出頭した。

 黒河容疑者は、店内の防犯用赤外線センサーの仕組みを知っており、赤外線に触れないように床にはいつくばって移動したが、防犯カメラには気付かなかったらしい。

 セコム広報部は「誠に申し訳ない。事実関係を確認した上で誠実に対応します」とコメントしている。【村田拓也】



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120527-00000071-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



<神奈川県>県有施設の閉鎖・売却を…調査会、知事に提案へ

 神奈川県緊急財政対策本部調査会(座長・増田寛也元総務相)は26日、東京都内で会合を開き、警察署や学校などを除く約250の県有施設を閉鎖・売却し、市町村や各種団体への独自の補助金も大幅な見直しを求める方針で一致した。7月の中間報告で黒岩祐治知事に正式提案する。対象施設の中には障害者支援施設や公園など福祉や生活に不可欠な施設も含まれており、今後論議を呼びそうだ。

 調査会は増田氏や石原信雄・元内閣官房副長官ら外部有識者6人で構成。今年度当初予算で約900億円の財源不足が生じた同県が、歳出削減のため今年1月に設置した。

 会合で県側は、出先機関や利用者数が減少している施設計約250施設を見直し対象として提示。委員は「運営は民間でやればいい」「原則廃止として、中身は個々に検討すればいい」など、全ての閉鎖もしくは民間売却を求めた。個別の閉鎖か売却かの判断は、県に委ねるという。

 また、補助金(今年度当初ベースで計約1121億円)も「開始時期が古く、しがらみと思われるものはやめればいい」と凍結や見直しを求めた。

 同席した黒岩知事は「猛反発があるだろうが、部局横断で問題意識を共有し実現させていきたい」と前向きの姿勢を示した。【北川仁士】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120526-00000061-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



<私大生>数億円集め失跡…被害者、詐欺容疑で告訴へ

 慶応大学に在籍しているとみられる20代の男子学生が投資会社を設立し、投資家から資金を集めたまま出国し、連絡が取れなくなっていることが関係者への取材で分かった。被害者の一人は取材に「学生は少なくとも数億円を集めていた」と話している。一部の投資家は学生に資金の返還を求めて東京地裁に提訴したほか、警視庁に被害を相談しており、近く詐欺容疑で刑事告訴する方針。

 投資家の代理人弁護士らによると、学生は10年4月、東京都中央区に合資会社を設立。当初は友人の資金で株取引をしていたが、昨年に入ったころから「株価の動きを監視し、損失を最小限に食い止める全自動売買システムを開発した」などとうたい、投資家から資金を集めるようになった。学生は「1日平均0.5%(年182.5%)の利益を出している」と説明していたという。投資家の代理人弁護士は「運用自体が架空だった可能性が高い」と指摘する。

 学生は投資家への返還期限が迫った今年2月、シンガポールへ出国。その後、連絡が取れない状態が続いている。学生は投資家へのパンフレットで慶応大学に在学中であることを記載。知人の慶大生によると、学生は昨年3月ごろから突然、羽振りが良くなり、高級車を乗り回し、友人を運転手や秘書として雇用。高級シャンパンを何本も振る舞うなど、派手な生活を続けていたという。慶大は男子学生が在籍しているか明らかにしていない。【前谷宏、浅野翔太郎】



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120526-00000082-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



陸軍中野学校の創設期判明=「防諜」の名称変更、施設不備も—当時の公文書

 旧日本陸軍で情報工作員の養成機関だった「陸軍中野学校」について、太平洋戦争前の同校創設期の全容が、当時の公文書を分析した山本武利早稲田大名誉教授(情報史)の研究で明らかになった。山本名誉教授は26日、都内で研究結果を発表する。名称を「防諜(ぼうちょう)研究所」から中野学校へ変えた過程や創設期の活動内容が公文書で裏付けられたのは初めてという。
 山本名誉教授が分析した陸軍公文書は、同校の前身組織創設に関わった陸軍後方勤務要員養成所長の秋草俊大佐(当時)が1939年、板垣征四郎陸軍大臣へ宛てた公文書など数十点の資料。防衛省防衛研究所に所蔵されていた。
 公文書によると、前身組織の防諜研究所が38年、陸軍省兵務局の下に東京・九段の愛国婦人会本部付属建物(現九段会館)を借り、活動を開始。39年に東京・中野へ校舎を移転した直後、「後方勤務要員養成所」に名称を変え、40年に陸軍中野学校へ改編された。
 このうち、秋草大佐が39年8月、陸軍大臣に宛てた文書では、教育目的を「諜報(ちょうほう)謀略的人格の修練」と明記。防諜、諜報、宣伝、謀略の業務を遂行するのに必要な人格の鍛錬や基礎的学術の習得をさせたとしている。満州(中国東北部)への実習旅行も実施し、卒業後の活動に備えたといった内容も記載されている。
 ただ、1期生(38年7月〜39年7月)の学生19人(1人は中退)は教育施設が不備だったため、「講堂教育」(講義)が中心だったとしている。中野の庁舎が完成するまでの間、学生は一時期民家を借り、生活したことも書かれている。 



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120526-00000021-jij-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



<次長課長>河本準一さん母の生活保護、「返納したい」

 人気お笑いコンビ、「次長課長」の河本準一さん(37)が25日、東京都新宿区の吉本興業東京本部で会見し、母親の生活保護受給について適切でなかったと明らかにし「むちゃくちゃ甘い考えだった。5、6年前の分から返納したい」と謝罪した。

 河本さんによると岡山市在住の母親は14、15年前、病気で仕事を辞め、生活保護受給を申請。河本さんは福祉事務所から、面倒を見られないかと問い合わせがあったことを明らかにし、「2、3年前に芸人になったばかりで当時の年収は100万円を切っていた。できないと書いて送り返した」と説明。テレビ出演などの仕事が増えた5、6年前からは「福祉事務所と相談して母への援助額を増やし、問題ないと思っていた。来年の保証もない不安定な仕事だが、それでも親の面倒をみておられる人はたくさんいる。収入が増えてからも受給を続けたことは考えが甘かった」と認めた。仕送り額や受給額については一切明らかにしなかった。返還方法は弁護士と相談して決めるという。母親は今年4月、受給を辞退している。

 河本さんの母親の生活保護受給については先月、週刊誌「女性セブン」が「高収入の売れっ子芸人が母親の扶養義務を果たしていない」などと匿名で報じた。今月に入って、片山さつき参議院議員がブログで実名をあげ、厚生労働省に確認を依頼したと明かした。

 所属事務所のよしもとクリエイティブ・エージェンシーは16日、見解を発表。過去の受給を認めた一方、「不正受給のそしりを受けるような違法行為は存在しない」などと反論していた。

 ◇生活保護の受給資格

 1カ月以上の生活費を超える預金や現金を持っていないことが目安。居住自治体は、申請者が利用している可能性のある金融機関に預金照会し、親族にも扶養できるか確認する。民法は親族による扶養義務を定めているが、生活保護法は原則として本人の困窮状況を要件とし、たとえ親族が高収入を得ていても支給の妨げにはならない。【木村光則】



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120525-00000031-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



<国際赤十字総裁>本社を訪問

 紛争犠牲者の保護や救援活動を行う赤十字国際委員会(ICRC)のヤコブ・ケレンベルガー総裁が24日、毎日新聞東京本社を訪れ、朝比奈豊社長と会談した。

 ケレンベルガー氏はシリアやアフガニスタンなど紛争地での活動を紹介。紛争下で活動する最大の人道支援機関として、医療や自立に向けた生活再建の支援をしており、「緊急事態が起きた時、すぐ派遣できる体制を整えている」と述べた。朝比奈社長は「報道を通じて国際世論を盛り上げ、資金集めのお手伝いができればと思っている」と話し、ケレンベルガー氏は「我々の活動に関心を持ち続けていただき、感謝している」と答えた。【長野宏美】



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120524-00000090-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



「爽快感と解放感が忘れられず」 下半身露出容疑で男逮捕 警視庁

 女子中学生に下半身を見せたとして、警視庁生活安全総務課「子ども・女性安全対策室」(愛称・さくらポリス)は、公然わいせつの疑いで、東京都墨田区八広、無職、今津亮容疑者(33)を逮捕した。

 同課によると、今津容疑者は以前から同様の行為を繰り返しており、調べで、「爽快感と解放感が忘れられずにやってしまった」などと供述しているという。

 逮捕容疑は、15日午前8時5分ごろ、足立区千住河原町の歩道で、自転車に乗って、中学2年生の女子中学生(13)に下半身を見せたとしている。

 同課によると、今津容疑者は股間部分を丸く切り取った長ズボンをはき、長めのシャツを着て、自転車で後ろから女子中学生を追い越し、シャツをまくって下半身を見せていたとみられる。同区や江東区などで同一手口による被害が確認されており、同課は関連を調べている。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120524-00000582-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




| ホーム | 次ページ
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

b1
xva ニュース サイト
xvb無料SEO対策ツール
xvcショッピングモール