FC2ブログ
レンタルサーバー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

刑事もやられた 5秒の早業…63歳抱きつき師の“スリ特訓人生30年”

 わずか5秒の早業で財布を抜き取り、自らを「抱きつきスリのプロ」と豪語した男が昨年11月、大阪府警に窃盗容疑で現行犯逮捕された。捜査員の間でも凄腕スリ師として知られていた志津田(しつた)邦博被告(63)=同罪で起訴。酔客を狙い30年にわたって犯行を重ねたその技術は、スリ専門の捜査員でさえ「全く気付かなかった」とうなる。仕事もせず、生活保護も受けずにスリ一本で生計をたてていたという志津田被告が腕を磨くために重ねていた特訓とは−。

■酔客に抱きつき5秒

 昨年11月30日金曜日の深夜。忘年会シーズンに入った大阪・ミナミの繁華街は多くの人でにぎわっていた。その雑踏の中、スーツにネクタイ姿で大阪市中央区東心斎橋にある雑居ビルの前をうろつく志津田被告の姿があった。酔っ払いが1人でエレベーターに乗るのを狙うためだ。

 しばらくすると“獲物”がやってきた。足取りがおぼつかない男性会社員(45)がビルのエレベーターに乗り込もうとした瞬間、志津田被告はすかさず後を追い、一緒にエレベーターに滑り込んだ。

 「うちのスナックどうですか。上の階にあるんですよ。行きませんか」

 エレベーター内でスナックの客引きを装って会社員に話しかけた志津田被告はなれなれしく肩に左手を回した。その瞬間、右手にはズボンのポケットから抜き取った財布が握られていた。この間、わずか5秒。

 酔っ払っている会社員には、強引な客引きとしか映らなかったようで、財布をすられたことはまったく気付いていない。まさに秒殺の犯行を終えた志津田被告だったが、エレベーターが2階に到着した瞬間、府警の捜査員に取り押さえられた。

 実はこの捜査員、周辺でスリの被害が多発していたため、警戒していたスリ捜査専門の警察官だった。酔った客の後をつけたり、ビルの前をうろついたりと挙動不審な動きをしていた志津田被告の行動が目に留まり、後をつけた末の「お手柄」だった。

 志津田被告は約30年前から全国各地の繁華街で抱きつきスリを繰り返してきたプロ中のプロだ。今回の逮捕は8回目になるが、府警の捜査員に「警察官に現行犯逮捕される以外はプライドが許さない」と豪語したという。

 その言葉通り、志津田被告のスリ技術は圧巻だった。逮捕後の実況見分で、被害者役の警察官ですら志津田被告から財布を取られたことに全く気づかなかったという。捜査幹部は「肩を触られたり、顔を近づけられたりするとそちらに意識が向いてしまうようだ。被害者役の捜査員は『あれ、いつ取ったの?』と驚いたほどだった…」とその凄腕さに舌を巻いた。

■マネキンに鈴

 志津田被告が府警の調べに供述した内容によると、スリを始めたきっかけは偶然の出来事だった。約30年前のある夜、路上を歩いていると、泥酔して道に寝ている男性からスリ犯が財布を抜き取るのをたまたま目撃した。「簡単にできるんだな…」。

 こう思った志津田被告は、見よう見まねでスリを始めたが、路上で寝ている人から財布を取ったとしても、わずかな金額しか入っていない。もっと大金がほしいと思うようになり、目をつけたのが、繁華街でスナックなどに向かう酔っ払い客だ。

 酔っ払いとはいえ、どうやったら、すばやく、そしてうまく盗むことができるか。思いついたのが、スリの技術を磨く特訓だった。背広を着せたマネキンに鈴をつけ、音をたてずに財布を盗むという練習を積み重ねたという。

 こうして編み出した手口が抱きつきすりだった。

 街に入ると、まず3日間は何もせずにビルや路地を見てまわり、防犯カメラの位置や人の流れをチェック。スナックがある雑居ビルなど犯行に最適な場所と時間を研究する。

 その後は、ターゲットである40〜50代の酔っ払った男性が来るのを待ち、エレベーターに1人で乗り込もうとするところをすばやく同乗。逃げやすいように、すぐに「2階」のボタンを押し、1階から2階にあがるわずか数秒の間に客引きを装って抱きつき、瞬時に財布を盗むという。

 犯行を繰り返してきた都市は札幌、仙台、広島、福岡、大阪など。最近の主な拠点は大阪で、ネットカフェをねぐらにし、盗んだ金は生活費やパチンコ代にあてていたという。過去には犯行のため、神戸から広島まで新幹線に乗って移動したことも。捜査関係者は「仕事や生活保護も受けずにネットカフェで生活していたことを考えると、スリで相当稼いでいたのではないか」と推測している。

■高齢化で激減するスリ犯

 捜査関係者の話では、志津田被告のような常習スリ犯は全国で千人以上にのぼるというが、そのほとんどが高齢者だという。

 府警によると、府内で逮捕するスリ犯は今や70〜80代がほとんど。昨年10月、百貨店で買い物客のかばんから財布を盗んだとして窃盗容疑で逮捕されたのも80歳と72歳の高齢姉妹だった。姉はスリ歴60年、妹は50年の筋金入り。これまでに大阪や京都、愛知などの百貨店を中心にスリを繰り返していた。

 長年培ってきた技術で犯行を重ねるスリ犯は、指先でうまく財布を抜き取るなど高度な技術が要求される。捜査関係者は「昔はベテランのスリ師が若者にスリの手口を教えていた。しかし、スリは気付かれたらすぐに捕まってしまうためか、最近は技術の継承はみられず、若者はひったくりに走るケースが多い」と指摘する。

 実際、スリ犯の高齢化もあってか、スリ被害の認知件数は年々減少傾向にある。警察庁によると、ピークだった平成5年は3万件を超えていたが、その後、徐々に減少、23年には5515件にまで激減した。府内でも同様の傾向が見られ、20年に1308件だったが、昨年は788件だった。

 だが、油断は禁物だ。捜査関係者は「いつ取られているのか分からない。これがスリの怖さだ」と警鐘を鳴らす。特に抱きつきスリの場合、酔っていることもあり、盗まれたことにすら気付かず、盗難届ではなく遺失届を出している被害者も多いという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130120-00000556-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

b1
xva ニュース サイト
xvb無料SEO対策ツール
xvcショッピングモール