レンタルサーバー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

「中指立てられ」「チームに脅迫みたいなものが」 日本人サッカー選手にスロバキアで人種差別

 「人種差別的なことを受けて生活できなくなり帰国しました」——。スロバキアでプレーしていたサッカーの中村祐輝選手が2013年1月30日にブログでこう明かした。

 観客から鬼の形相で名前を呼ばれ、中指を立てられたり、所属チームに脅迫のようなものが届いたりといったことがあったという。

 J-CASTニュースでは、現在ハンガリーでトライアルに挑戦中の中村選手に話を聞いた。

■「この時代にそんなことするか?って思うことがたくさんありました」

 中村選手が所属していたのは、スロバキア南部の町を拠点とする2部リーグのMSKリマフスカ・ソバタだ。2012年7月下旬に移籍、背番号は10番を与えられた。しかし9月初めには日本に戻っていた。わずか1か月の間に何があったのか。

 2013年1月31日、J-CASTニュースが中村選手に話を聞くと、移籍直後から問題があったと明かした。最初の試合終了後、サポーターと選手がハイタッチしていくところで中村選手だけがのぞかれた。そして、一部のサポーターによるバッシングがエスカレートしていった。その様子をこうブログに書いている。

  「この時代にそんなことするか?って思うことがたくさんありました。試合前、後にはサポーターから鬼の形相で自分の名前だけ叫ばれて、中指を立てられ…(…)チームに脅迫みたいなものが来てしまい責任を持てないからということで帰国してきました!! 」

 以前から人種差別的なサポーターがいて、中村選手の前にフォワードをしていた、ベトナム人とスロバキア人とのハーフの選手は2得点しても、まったく認められないことがあったそうだ。

 ただ、これはあくまで一部だと中村選手は強調した。実際、チームの公式フェイスブックでは、リーグ戦中の8月8日の「4試合を終えて、Nakamuru(編注:中村の打ち間違いか)をどう思いますか?」との質問に対して、「すごくよく見えるけど、一部のファンと審判たちはそうじゃないみたいだね。彼らは人種差別主義者だ」「一部のサポーターは批判的過ぎると思う。キックオフの前に何が出来るって言うのよ…」との書き込みがある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130201-00000002-jct-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

b1
xva ニュース サイト
xvb無料SEO対策ツール
xvcショッピングモール